あかつきボランティアネットワークblog


中越大震災の復興ボランティアの為に。それぞれがそれぞれの場所で、できる限りのことを、できる範囲で。そしてなにより求められていることを。
by 111
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
天井水漏れも更に悪化
from 地震と坐骨神経痛の日々
ブレーカーが
from 地震と坐骨神経痛の日々
イベントを開催します。
from 新潟県中越大震災 子ども・子..
AVNと平沢仮設へ行く
from 地震と坐骨神経痛の日々
小千谷に行って見たこと、..
from オアシス モモ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

魚沼市災害ボランティアセンター発足

魚沼市災害ボランティアセンター発足 ボランティア募集
 

合併で誕生した魚沼市に災害ボランティアセンターが発足、震災復興に活動するボランティアの募集を始めた。
 これまで同市は、被害の大きい旧堀之内町の災害ボランティアセンターに、小出青年会議所が中心となって協力。新道島や竜光地区を中心に倒壊住宅の片づけなどの支援を行ってきた。
 旧センター、青年会議所、NPO魚沼交流ネットワーク、市職員らが会合を開き、活動を新設の魚沼市災害ボランティアセンターに引き継ぎ、事務所は同市(小出)小出島の小出ボランティアセンター内に置くことを決めた。
 活動は家の片づけや危険を伴わない軽作業などで、ボランティアしたい人、してほしい人の登録を受け付けている。当面は五、十一、十二日に支援を行う新道島地区に参加できるボランティアを急募している。
(出自 新潟日報)

活動日が決まっていることに注意してください。まだ体制が整っていないようですので、近隣のボランティアセンターで活動経験がある方のほうがいいと思います。
[PR]

by 111 | 2004-12-04 08:21 | 現地情報
<< 被災地の子供にクリスマスプレゼントを 仮設住宅の問題点など >>