あかつきボランティアネットワークblog


中越大震災の復興ボランティアの為に。それぞれがそれぞれの場所で、できる限りのことを、できる範囲で。そしてなにより求められていることを。
by 111
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

現地より

こんばんは!
あんべ報道センター新潟県近況情報をお伝えします。

まずは気候の変化から。

☆いよいよ中越地区にも冬の到来(遅い位)が目に見えてわかる様になりました。
最近、早朝と夜間の凍結は激しくなり運転慣れしている地元の人間でも慎重になる程ですので特に県外から車で来るボランティアの方は安全運転でお願いします。日中との気温差が激しいので体調面でも充分な配慮をしなければなりません。カイロや薬等も忘れずに(^-^)
車で新潟に入る方は冬用タイヤ、またはチェーンの着用もお願いします。
次に活動情報です。

☆今日は新潟大学ボランティアグループ(約30人)が山古志村の住民が入居する仮設住宅設置地区に行き今まで送られてきた救援物資の一部(生活用品)を分配する作業を行っていました。
新潟ふるさと村(黒崎地区)では小学校で丹念に育てて収穫したお米を子供達が一袋ごとにそれぞれのメッセージをいれ販売活動をしていました。売り上げ金はすべて被災地の方に届けるという事です。


以上、あんべ報道センターからでした

AVN新潟の安部氏より現地報告です。ついに小千谷でも雪おろしが鳴り、雪がぱらつきました。暖冬がまだ救いですが、現地に来るまで向かわれる方は、雪道対策を万全にお願いします。マイナートラブルで現地の方に迷惑を掛ける事のないよう、注意して下さい。
[PR]

by 111 | 2004-12-09 01:56 | レポート
<< 困ったときは えりの現地レポート >>