あかつきボランティアネットワークblog


中越大震災の復興ボランティアの為に。それぞれがそれぞれの場所で、できる限りのことを、できる範囲で。そしてなにより求められていることを。
by 111
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
天井水漏れも更に悪化
from 地震と坐骨神経痛の日々
ブレーカーが
from 地震と坐骨神経痛の日々
イベントを開催します。
from 新潟県中越大震災 子ども・子..
AVNと平沢仮設へ行く
from 地震と坐骨神経痛の日々
小千谷に行って見たこと、..
from オアシス モモ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

活動レポート12月24日~28日③

7時半起床。
今日は、小千谷市ボランティアセンターへ。
ニーズがあるか伺うと、「家の片付けと引越しがあります」との事。
ニーズ票を頂いて、4人で現場へと向かいます。
b0070755_178179.jpg
とても大きなお宅で、地震で壊れた壁を修理してる間、保管していた家財道具を戻す
作業でしたが、家族の方と総勢8名で丸1日掛かり、何とか形になったという状態でした。

作業が終了してひと段落していた時、こんな質問をされました。
「どうしてボランティアセンターは閉鎖してしまったのでしょう?」
僕らはその場で答えを出す事が出来ませんでした。この方のように、家屋の修繕などで
全く住まいが落ち着いていない方は沢山いらっしゃいます。今、大工さんを頼むと、半年以上
掛かるそうです。この間の家財の移動や引越しなど、男手がなく、1人暮らしの方はとても大変だろうと思います。
住民の方に、ニーズの件をボラセンに報告する事を約束し、同時にボラセンが完全に閉鎖されたときは、僕達を呼んでください、と住所交換をして別れました。

一見落ち着いたように思われがちですが、あれだけの大地震です。簡単に終わる訳がありません。まだまだ支援が必要とされている所は沢山あります。中越に本当の笑顔が戻るまで草の根活動を続けていこうと思います。

20時宿泊所着。1時に就寝しました。
[PR]

by 111 | 2004-12-30 21:55
<< 活動レポート12月24日~28日② スマトラ島沖地震について >>