あかつきボランティアネットワークblog


中越大震災の復興ボランティアの為に。それぞれがそれぞれの場所で、できる限りのことを、できる範囲で。そしてなにより求められていることを。
by 111
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
天井水漏れも更に悪化
from 地震と坐骨神経痛の日々
ブレーカーが
from 地震と坐骨神経痛の日々
イベントを開催します。
from 新潟県中越大震災 子ども・子..
AVNと平沢仮設へ行く
from 地震と坐骨神経痛の日々
小千谷に行って見たこと、..
from オアシス モモ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

現地レポ

雪ほりしてきました!
まずは下での作業。これは、以前お父さんによる雪ほり講習会をしていただいて、ちょっとは慣れたかな。
そしていよいよ屋根の雪ほり。もちろん、慣れている人と一緒に上って、まずは落ちる練習から。というか、怖がってへっぴり腰になっていたので落ちても痛くないから飛び降りてみろ、といわれ、こわごわジャンプ。下には2メートル以上積もっていたし、今日積もったばかりの新雪だったのでまったく痛くはなかった。。。が、やわらかいところに足からまっすぐ落ちたので胸まで埋まって10分くらいもがいてた。落ちるときは、斜めに落ちましょう、とのこと、またひとつ学習。
そして、いざ屋根の雪下ろし。滑らないように気をつけ、アングルという落下防止のための出っ張りの位置を確認しながらスノーダンプとスコップでどんどん下へ落としていく。
b0070755_16171045.jpg

最初に屋根に上ったのは、小千谷駅の近くの「境の沢 蔵」というお食事処の、囲炉裏のある離れの屋根。ここのマグロ御膳が絶品!親玉が魚屋さんなので、マグロの脂ののりが違いました。ぜひ一度お試しあれ。
b0070755_42355.jpg
b0070755_424432.jpg

魚沼水産という市場の方々もいい人ばかり。おいしい魚を炭火で焼いているのは元警察官のげんさん。おいしいはたはたや鮭、イカなどの焼きたてが食べられます。げんさんとボランティア仲間たち。
b0070755_481928.jpg


翌日は仮設住宅に住んでいる方の実家へ。今回痛感したのは、屋根から落とした後の雪の処理が、大変だということ。すぐ裏の川や、目の前の溝に流せばいい家もあるが、30メートルくらい細い道を通って表通りまで捨てにいかなければならない家もあるのだ。消雪パイプを傷つけるから重機も入れないのですべて手作業。今回はお手伝いに行った家だけではなく休みだったことと前日大雪、今夜も大雪の予報だったこともあり、近所の方々もみんな雪ほりをしていたのだが、その多くが高齢者であった。近所の人たちと協力し合いながら順番で雪下ろしをしたり、ちょっと休んで立ち話をしながら雪ほりをする。
力んでいるあたしに「毎日のことだから焦っちゃいけない。ゆっくりやらないと続かないぞ。楽しみながらやらんばね」と、近所のお父さんが声をかけてくれた。
朝10時半から15時まで。ボランティア4人とお父さんで雪ほりしたのだが、とっても疲れて、その後そのお宅でみんなしばらくへたってました。
毎年毎年、毎日毎日、雪と付き合っている雪国の方は、たくましいですね。都会の若者は足元にも及びません。。。
屋根の上からの景色はとてもきれいでした。
b0070755_4125031.jpg


(AVN横浜 えり)
[PR]

by 111 | 2005-01-11 04:13 | レポート
<< 新潟の日常風景 現地レポ >>