あかつきボランティアネットワークblog


中越大震災の復興ボランティアの為に。それぞれがそれぞれの場所で、できる限りのことを、できる範囲で。そしてなにより求められていることを。
by 111
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
天井水漏れも更に悪化
from 地震と坐骨神経痛の日々
ブレーカーが
from 地震と坐骨神経痛の日々
イベントを開催します。
from 新潟県中越大震災 子ども・子..
AVNと平沢仮設へ行く
from 地震と坐骨神経痛の日々
小千谷に行って見たこと、..
from オアシス モモ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ボランティアへ向かう方へ

川口町のボラセンHPからの転載です。
現在、県外ボランティアの短期受け入れはしていないので、ご注意ください。
===ここから===
長期スタッフ募集
2005.01.11
川口町復興ボランティアセンターでは、比較的長い期間、活動をしていただけるボランティアが不足しております。当座、1月末までの期間で、センターのスタッフとしてご助力いただける方は下記電話番号までご連絡の上、ご参加ください。なお、活動期間は1週間程度でも結構です。
特に過去、当センターにて活動経験のある方を歓迎いたします。

ボランティア用お問い合わせ: 
080-5098-6186 (電話受付時間 9:00~18:00)

これから川口町でボランティアをしようと考えられている方へ
2005.01.11
たびたびお知らせしているように、ニーズの数や雪の活動の状況により、県外の方については受け入れを中断させていただき、県内の方についてもいくつか留意していただきたい点があります。
いずれの方も、必ずこちらをご覧ください。

町民の方々には1月8日(土)の朝刊にて折込で「ぬくもりニュース」を配布しました。そのため、ニーズ状況によっては、今後のボランティアさんの受け入れ状況も変わることがありますので、引き続き当ホームページにより情報のご確認をお願いいたします。

ボランティアの当面の活動について(1月5日分再掲+補足)
2005.01.07
雪の中、川口町民は復興に向けた生活を行っています。
ボランティアの皆さんは「雪対策の活動があるだろう」と考えられてる方もいると思いますが、雪はある面危険でもあります。
ボランティア活動では、屋根の雪下ろしはご遠慮いただいております。
雪かきについても、住民の皆様が常日頃から行っており、ボランティアの皆さんには公の周辺程度のごく限られた範囲で行ってもらっています。
雪かきは、その雪の処理(どこに捨てるのか・・・etc)について、いろいろな問題が起こりうるため、この活動にも制限があります。

以上のような状況から、現在では県外ボランティアさんの受け入れを中断しています。
今後、住民の方々からのニーズ状況に応じて、受け入れについては再度検討いたします。

県外ボランティアの受け入れ等は、状況に応じて再開することもありますので、日々ホームページでご確認ください。

なお、川口町へ来られる前などに電話をいただければ状況をお伝えいたしますので、お気軽にご連絡ください。
===ここまで===
今後も川口町ボラセンのHP内の、「ボランティアへ参加される方へ」というページ(http://63factory.jp/~kawaguchi_vc/sb.cgi?cid=14)で随時変更があればお伝えしているようです。


No.115 - 2005/01/11(Tue) 16:35


☆ Re: ボランティアに行かれる方へ / えり 引用

川口町で活動する、「元気もりもり隊」の方々の声です。
あたしも一番最初、11月5日から数日間、川口町で子供のびのび隊(元気もりもり隊の以前の名称)で活動してきました。その後、元気もりもり隊という名前が決まったちょうどその日も、ここで活動していました。最初はこの名前に周りの人々も「えーー?ちょっと・・・」という感じでしたが、今ではすっかりなじんでいるようですね。最近は小千谷で活動しているので川口町にはあまり行っていませんが、またあの子供たちに会いたいな。

もりもり隊は子供たちやお年寄りと、遊びや会話を通して心のケアなどをしています。

以下、そのもりもり隊のブログから、転載です。

===ここから===
1月11日
川口町は今日も大雪です。この雪のせいか、今日のボランティア新規登録は0名でした。元気もりもり隊の活動人数も4名だけしかおらず、田麦山での活動は今日はお休みとなりました。また、和南津と泉水の2地区をタクさんとエースの2人の地点リーダーで巡回するという苦肉の策をとりました。泉水小学校の仮設住宅では、ドカ雪のため駐車場が埋もれてしまっているという状況を目の当たりにしながらも“ボランティアがいない為”何もできないという歯がゆい思いに地団駄を踏むエース。川口小中、157世帯の仮設住宅をまりっぺ1人がカバーしなければなりませんでした。元気もりもり隊スタッフ急募!!(電話連絡して下さい。090-9386-9934)
松橋コースケ
===ここまで===
詳しくは(http://blog.goo.ne.jp/wens0152)をごらん下さい。県外ボランティアの募集を中止している川口町ボランティアセンターですが、個々の活動には人手が必要なようです。

※1月13日より、県外ボランティアの受付を再会しました。以下、川口町ボラセンHPより転載です。
====転載======
<県外ボランティア募集の再開>

中断しておりました県外ボランティアの募集を1月13日より再開いたします。活動内容は雪かき等、雪に関するもの、元気もりもり隊による仮設住宅の訪問が中心となる予定です。

連日の大雪により、現在も仮設住宅や町内各所より、雪かきのニーズがあがってきております。震災の影響により、地域のコミュニティが機能していない部分があり、例年のように除雪が進んでいない状況です。様々な復興作業により、町内の除雪業者も圧迫されており、ボランティアの活動が必要になりました。

ボランティアによる雪かきに関しては、危険性の高い屋根に上がっての作業は一切行わず、地上において、下ろした雪を処理する作業が主になります。川口町に降る雪は重く、扱いが難しいと言われております。なるべく雪に慣れた方の参加をお待ちしております。

なお、複数日の参加をご予定の方は各自宿泊場所の手配をお願いいたします。

ご参加を予定の方は必ず、事前に詳細をご連絡下さい。ご連絡のない場合、当日参加をお断りする場合もございます。ご注意下さい。

====ここまで=====
[PR]

by 111 | 2005-01-07 18:00 | ※現地に向かう方はここ※
<< 現地レポ 現地でのボランティア受け付けについて >>