あかつきボランティアネットワークblog


中越大震災の復興ボランティアの為に。それぞれがそれぞれの場所で、できる限りのことを、できる範囲で。そしてなにより求められていることを。
by 111
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
天井水漏れも更に悪化
from 地震と坐骨神経痛の日々
ブレーカーが
from 地震と坐骨神経痛の日々
イベントを開催します。
from 新潟県中越大震災 子ども・子..
AVNと平沢仮設へ行く
from 地震と坐骨神経痛の日々
小千谷に行って見たこと、..
from オアシス モモ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2004年 12月 03日 ( 2 )


仮設住宅へ

引越しのお手伝いをしてきました!

今日から始まった仮設住宅への入居。

鍵の受け渡しから、荷物の搬入、片付け、シャワーの使い方、空調の使い方の説明まで、とりあえず一日かけて一人暮らしのおかあさんと一緒にやってきました!

まず、自分の部屋を探すのに一苦労。ひろーい敷地に同じような建物がいっぱい建っていて(約200世帯)、どこがどこだかわからない。駐車場も、同じくである。

おかあさんの部屋はひとつだけある集会所からだいぶ離れた場所にあって、入るとまず、おかあさんは畳がないことを嘆いていました。部屋は小さくても仕方ない、ただ、畳は絶対に必要だ、畳がないとだめだ、と、いうわけで。元気村にあった畳が大活躍!なんとか畳を搬入し終わった部屋で、「あーいいあんばいだ」と、ばたばたしていた気持ちも少し落ち着いたようでした。(写真)
b0070755_18542876.jpg

ただ、4畳半の部屋の中には、棚は二つだけ。

ひとつはおかあさんには手が届かない高い場所にあって、役には立ちそうにないし、シンクの周りには調味料を置けるような場所もほとんどない。空調やお風呂のシャワー切り替えなどに関しても、何の説明書きもなかったので、明日はわかりやすい説明書きを書いて、張りにいってこようかな。

あとは、突っ張り棒が何本かと木の板でもあれば使い勝手のいい棚を作ることも可能だと思うので、これから2年間住む場所、少しでも快適に過ごしていただきたいと思う。

(AVN)横浜 えり)
[PR]

by 111 | 2004-12-03 23:47 | レポート

現地レポート

b0070755_16202864.jpg
現在、小千谷の中越元気村に行っているえりさんの簡易レポートです。詳細は帰還後に。

----------
体育館くらいの大きなドーム。
テントが20はりくらい。ボランティアのテントも、本部も全部ここです。
被災者の方は3家族。他は近くの高校の体育館に避難されてます。
リーダーはどこも忙しそうです。
地元の方々との関係はかなり良い感じ。ニーズ吸い上げも、たぶんうまく行っていると思います。
[PR]

by 111 | 2004-12-03 16:20 | レポート