あかつきボランティアネットワークblog


中越大震災の復興ボランティアの為に。それぞれがそれぞれの場所で、できる限りのことを、できる範囲で。そしてなにより求められていることを。
by 111
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:※現地に向かう方はここ※( 14 )


現地に向かわれる方へ※2月27日報

2月27日現在、あかつきで分かる範囲の情報です。
(詳しくはそれぞれのHPでご確認ください)
それぞれのHPより抜粋プラスあかつきで確認済みの情報。

新潟県災害救援ボランティア本部・2月以降の新潟県災害救援ボランティア本部中越センター運営スタッフ募集
・活動内容
 現地ボランティアセンターや活動団体との連絡調整
 仮設住宅の調査等
 復興に向けての支援企画の調整
 物資の支援全般(調整・調達・運搬等)
 かわらばん編集・取材・発行
・募集人数 : 常時5名前後
・活動日時 : 2005年3月以降 (1週間程度~長期)
・宿泊施設 : ※宿泊については、当センターでスペースのみ用意しております。
  詳細はお問い合わせください。
※布団はありませんので寝袋等を必ず持参してください。
・補足 : マニュアル車、雪道運転できる方歓迎

詳しいお申し込み方法などはホームページをご覧下さい。

長岡市災害ボランティアセンター
・県内の方のみ、除雪ボランティア募集中
 詳細はホームページまで

川口町復興ボランティアセンター
・県内外問わず募集中
・主な活動内容 : 雪かき等、大雪に対応するもの、仮設住宅訪問、イベント等
・宿泊施設 : 各自ご用意ください。無料宿泊施設はありません。車中泊、テント泊は危険です。
・交通 : 駐車場が無いため、車でボラセンまで行くのはご遠慮ください。
・補足 : 川口町内には営業している宿泊施設がありませんが、隣接する魚沼市観光協会から以下の情報をいただいています。
  一泊二食付き\5,000~
  一泊素泊まり\3,000
 連絡先(魚沼市観光協会)
  025-792-7300
  025-792-7535
※現在、ニーズ減少につき、受け入れ人数を制限しているそうです。
  事前の申し込みが必要です。詳細はホームページまでお願いします。

■川口町田麦山ボランティア事務局
・県内外問わず受け入れ中
・朝8:30から夕方16:00が活動時間帯になります。
・活動内容
 たむぎやま日日新聞の作成、配達
 雪掘りのお手伝い、支援物資の管理、配布
 各種イベント(炊き出し、コンサートなど)のお手伝い
 携帯電話の電波状況が悪い為、ドコモのアンテナ設置受付を行っています。 二月二十日
に「簡単  に出来る料理教室」を行いました。 二月二十六日には子供と遊ぶ企画「あそに
コンビニ」を行いました。
 事務局内の各種事務処理
・宿泊施設 : 宿泊施設を用意しています(無料)。寝袋などの寝具はご用意ください。
・食事 : 基本的に自給自足です。調理する場所、鍋類、炊飯器、電子レンジなど最低限の調理道具は用意してありますのでご活用ください。食事担当はいませんので、毎食、各自でご用意ください。
徒歩圏内に、商店が1軒、農協の売店が1軒あります。コンビニはありません。
・交通 : 車可(事前に、道路状況、駐車場の空きの有無を事務局にお問い合わせください)
高速バス、鉄道を利用する場合、事務局に事前に連絡すれば迎えに来てもらうことも可能です。
詳しくはこちら
田麦山ボランティア事務局
電話:0258-89-3467(8:30から19:00)
E-mail: nonkey@tamugiyama.jp

川口町元気もりもり隊
・県内外問わず募集中
・活動内容 : 仮設住宅、各地区での心のケア、その中で要望・必要があれば雪かき、力作業など
・基本的には川口町ボランティアセンター本部と同じですが、宿泊施設、交通に関して直接元気もりもり隊に確認してみてください。

元気もりもり隊 090-9386-9934                
          松橋コースケ 

子ども・子育て応援キャラバン隊・県内外問わず受け入れ中。
※ただし、参加の基本的要件としては「児童館・児童クラブ(学童保育)の職員」あるいは「児童館所属のボランティア」であることとしています。
一般の方については現在受け入れを行っておりませんのでご承知おきください。
・活動期間 : 毎週末(金土日)活動。初日(金曜日18時)は子供自然王国集合、最終日(日曜日14:30前後)は活動場所近郊の駅解散。
・現地までの交通費、宿泊費は各自負担ですが、現地内での費用(食費等)は育成財団で負担します。
・1月30日までの募集はすでに締め切っています。3月27日までの活動について、現在募集中。各回4名程度の募集なので、応募はお早めに。
・活動内容
小千谷市、川口町の避難所、仮設住宅の集会場、公民館等でのミニイベントの実施、子どもたちの遊び支援・思春期児童の居場所づくり、災害ボランティアセンターで行っている子ども向け事業の支援、子育て中の親御さんのサロン  など
・宿泊拠点は新潟県立こども自然王国(高柳町)

お問合せ先
財団法人 児童健全育成推進財団 業務部 災害支援担当
TEL/03-3486-5141 FAX/03-3486-5142 zenjiren@jidoukan.or.jp
〒150-0001 渋谷区神宮前5-53-1こどもの城10F

中越元気村・県内外問わず募集中、活動内容は、主に雪かき
・独自に無料宿泊施設(ピンクドーム内のテント)、食事を用意しています。
・小千谷駅から徒歩10分、駐車場もあるので、車可。事前に空き状況、ニーズなどをご確認ください。
・徒歩圏内にコンビニ等あります。
・完全な民間のボランティア団体です。物資、支援金などをカンパすると喜ばれると思います。


■新潟スピリッツ
・県内外問わず募集中、活動内容は、現在は主に雪かきですが、リーダーが元なんでも屋なので地元の方との交流の中で必要であれば"何でも屋"やってます。
・宿泊施設 : 小千谷高校前のアパートを拠点として借りているので宿泊の心配はいりません。
・食事 : 調理道具がありますので自炊もできます。リーダーがおいしいご飯を作ってくれたり、近所の方にお呼ばれしたりして、みんなでご飯を食べることもあります。
・交通 : 小千谷駅から徒歩10分、駐車場は近所のお店の駐車場に置かして頂いています。空き状況によっては車可。事前にお問い合わせください。
・徒歩圏内にコンビニや、おいしいイタリア料理店、食堂などがあります。
大雪の一時期、ひたすら雪ほりをしていました。まっすぐな真面目な団体です。

直接連絡先は公開されていないので、こちらにボランティアで行かれる方はあかつきボラネット代表メール(earth@akatsuki-vn.org)までご連絡ください。


   単発ボランティア
中越地震被災者支援サイエンスキャラバン
不定期に行われるサイエンスキャラバンという活動のボランティアを募集しています。
昼間のみの活動なので、基本的に宿泊施設の用意などは無いようです。
近隣の方で興味がある方、現地での他の活動の合間に一日だけ参加しようと思っている方にはいいかもしれません。
詳しいことはブログで確認してください。

当団体(あかつきボラネット)
単発で募集しています。活動内容は
雪ほり、仮設住宅に訪問、一人暮らしのお年寄りのケア、他団体、機関との情報交換等
何でもやります。
活動時間は特に決まっていませんが、無理なスケジュールは組みません。
宿泊は素泊まりで最高1000円、最近は宿泊場所を提供してくださる方も増えて、無料で泊まれる
事も多いです。
交通は、メンバーの車(主に関東発)に乗ればガソリン、高速代を割り勘で行けます。
初めて参加する方、継続して参加しようと思っている方。誰でも歓迎します。
特に個人、複数で長期に関わりあっていこうと思っている方は大歓迎です!
知りたい事やその他情報は、知っている限り提供します。是非参加してください!



=============================

※必ず、事前にそれぞれのHPに目を通してから問い合わせの電話等をして、現地へ向かうようにしてください。

※これらは刻々と変化する現地の状況によって変化していくと思います。上記は2月23日現在の情報です。HP等で最新の情報をチェックしてください。


■防寒豆知識

長靴は、少し大きめのものを!靴と足の間に空気の層を作り、直接雪などの冷たさを感じないように。
靴の中、足の裏だけではなくむしろつま先の"甲の上"にホッカイロを入れておくと効果抜群!

雪ほりの際、手袋は軍手の上にゴム手袋で大丈夫です。大汗をかくので、体温が調節出来る服装が
いいと思います。汗をかいたからといって、安易に脱ぐと速攻で風邪引きます(注意)


(AVN横浜 えり)
[PR]

by 111 | 2005-03-01 06:59 | ※現地に向かう方はここ※

ボランティアへ行かれる方へ※1月21日報

1月21日現在、あかつきで分かる範囲の情報です。
(詳しくはそれぞれのHPでご確認ください)
それぞれのHPより抜粋プラスあかつきで確認済みの情報。

新潟県災害救援ボランティア本部
・2月以降の新潟県災害救援ボランティア本部中越センター運営スタッフ募集
・活動内容
 現地ボランティアセンターや活動団体との連絡調整
 仮設住宅の調査等
 復興に向けての支援企画の調整
 物資の支援全般(調整・調達・運搬等)
 かわらばん編集・取材・発行
・募集人数 : 常時5名前後
・活動日時 : 2005年2月以降 (1週間程度~長期)
・宿泊施設 : 当センターで宿泊可能。寝具はありませんので、寝袋を持参してください。
・補足 : マニュアル車、雪道運転できる方歓迎

詳しいお申し込み方法などはこちらをご覧下さい。

長岡市災害ボランティアセンター
・県内の方のみ、除雪ボランティア募集中

川口町復興ボランティアセンター
・県内外問わず募集中
・主な活動内容 : 雪かき等、大雪に対応するもの
・宿泊施設 : 各自ご用意ください。無料宿泊施設はありません。車中泊、テント泊は危険です。
・交通 : 駐車場が無いため、車でボラセンまで行くのはご遠慮ください。
・補足 : 川口町内には営業している宿泊施設がありませんが、隣接する魚沼市観光協会から以下の情報をいただいています。
  一泊二食付き\5,000~
  一泊素泊まり\3,000
 連絡先(魚沼市観光協会)
  025-792-7300
  025-792-7535

川口町田麦山ボランティア事務局
・県内外問わず受け入れ中
・朝8:30から夕方16:00が活動時間帯になります。
・活動内容
 たむぎやま日日新聞の作成、配達
 雪掘りのお手伝い、支援物資の管理、配布
 各種イベント(炊き出し、コンサートなど)のお手伝い
 事務局内の各種事務処理
・宿泊施設 : 宿泊施設を用意しています(無料)。寝袋などの寝具はご用意ください。
・食事 : 基本的に自給自足です。調理する場所、鍋類、炊飯器、電子レンジなど最低限の調理道具は用意してありますのでご活用ください。食事担当はいませんので、毎食、各自でご用意ください。
徒歩圏内に、商店が1軒、農協の売店が1軒あります。コンビニはありません。
・交通 : 車可(事前に、道路状況、駐車場の空きの有無を事務局にお問い合わせください)
高速バス、鉄道を利用する場合、事務局に事前に連絡すれば迎えに来てもらうことも可能です。
詳しくはこちら
田麦山ボランティア事務局
電話:0258-89-3467(8:30から19:00)
E-mail: nonkey@tamugiyama.jp

川口町元気もりもり隊
・県内外問わず募集中
・活動内容 : 仮設住宅、各地区での心のケア、その中で要望・必要があれば雪かき、力作業など
・基本的には川口町ボランティアセンター本部と同じですが、宿泊施設、交通に関して直接元気もりもり隊に確認してみてください。

元気もりもり隊 090-9386-9934                
          松橋コースケ 

子ども・子育て応援キャラバン隊
・県内外問わず受け入れ中。
※ただし、参加の基本的要件としては「児童館・児童クラブ(学童保育)の職員」あるいは「児童館所属のボランティア」であることとしています。
一般の方については現在受け入れを行っておりませんのでご承知おきください。
・活動期間 : 毎週末(金土日)活動。初日(金曜日18時)は子供自然王国集合、最終日(日曜日14:30前後)は活動場所近郊の駅解散。
・現地までの交通費、宿泊費は各自負担ですが、現地内での費用(食費等)は育成財団で負担します。
・1月30日までの募集はすでに締め切っています。3月27日までの活動について、現在募集中。各回4名程度の募集なので、応募はお早めに。
・活動内容
小千谷市、川口町の避難所、仮設住宅の集会場、公民館等でのミニイベントの実施、子どもたちの遊び支援・思春期児童の居場所づくり、災害ボランティアセンターで行っている子ども向け事業の支援、子育て中の親御さんのサロン  など
・宿泊拠点は新潟県立こども自然王国(高柳町)

お問合せ先
財団法人 児童健全育成推進財団 業務部 災害支援担当
TEL/03-3486-5141 FAX/03-3486-5142 zenjiren@jidoukan.or.jp
〒150-0001 渋谷区神宮前5-53-1こどもの城10F

中越元気村
・県内外問わず募集中、活動内容は、主に雪かき
・独自に無料宿泊施設(ピンクドーム内のテント)、食事を用意しています。
・小千谷駅から徒歩10分、駐車場もあるので、車可。事前に空き状況などをご確認ください。
・徒歩圏内にコンビニ等あります。

新潟スピリッツ
・県内外問わず募集中、活動内容は、現在は主に雪かきですが、リーダーが元なんでも屋なので地元の方との交流の中で必要であれば"何でも屋"やってます。
・宿泊施設 : 小千谷高校前のアパートを拠点として借りているので宿泊の心配はいりません。
・食事 : 調理道具がありますので自炊もできます。リーダーがおいしいご飯を作ってくれたり、近所の方にお呼ばれしたりして、みんなでご飯を食べることもあります。
・交通 : 小千谷駅から徒歩10分、駐車場は近所のお店の駐車場に置かして頂いています。空き状況によっては車可。事前にお問い合わせください。
・徒歩圏内にコンビニや、おいしいイタリア料理店、食堂などがあります。

直接連絡先は公開されていないので、こちらにボランティアで行かれる方はあかつきボラネット代表メール(earth@akatsuki-vn.org)までご連絡ください。


   単発ボランティア
中越地震被災者支援サイエンスキャラバン
不定期に行われるサイエンスキャラバンという活動のボランティアを募集しています。
昼間のみの活動なので、基本的に宿泊施設の用意などは無いようです。
近隣の方で興味がある方、現地での他の活動の合間に一日だけ参加しようと思っている方にはいいかもしれません。
詳しいことはブログで確認してください。


=============================

※必ず、事前にそれぞれのHPに目を通してから問い合わせの電話等をして、現地へ向かうようにしてください。

※これらは刻々と変化する現地の状況によって変化していくと思います。上記は1月21日現在の情報です。HP等で最新の情報をチェックしてください。


■防寒豆知識

長靴は、少し大きめのものを!靴と足の間に空気の層を作り、直接雪などの冷たさを感じないように。
靴の中、足の裏だけではなくむしろつま先の"甲の上"にホッカイロを入れておくと効果抜群!


(AVN横浜 えり)
[PR]

by 111 | 2005-01-21 12:19 | ※現地に向かう方はここ※

県外ボランティア受け入れ再開について

川口町復興ボランティアセンターでは、1月13日より、県外ボランティアの受け入れを再開しました。主な活動は雪かきと、仮設住宅の訪問だそうです。
詳細は右のリンクよりお願いします。
[PR]

by 111 | 2005-01-14 03:46 | ※現地に向かう方はここ※

ボランティアへ向かう方へ

川口町のボラセンHPからの転載です。
現在、県外ボランティアの短期受け入れはしていないので、ご注意ください。
===ここから===
長期スタッフ募集
2005.01.11
川口町復興ボランティアセンターでは、比較的長い期間、活動をしていただけるボランティアが不足しております。当座、1月末までの期間で、センターのスタッフとしてご助力いただける方は下記電話番号までご連絡の上、ご参加ください。なお、活動期間は1週間程度でも結構です。
特に過去、当センターにて活動経験のある方を歓迎いたします。

ボランティア用お問い合わせ: 
080-5098-6186 (電話受付時間 9:00~18:00)

これから川口町でボランティアをしようと考えられている方へ
2005.01.11
たびたびお知らせしているように、ニーズの数や雪の活動の状況により、県外の方については受け入れを中断させていただき、県内の方についてもいくつか留意していただきたい点があります。
いずれの方も、必ずこちらをご覧ください。

町民の方々には1月8日(土)の朝刊にて折込で「ぬくもりニュース」を配布しました。そのため、ニーズ状況によっては、今後のボランティアさんの受け入れ状況も変わることがありますので、引き続き当ホームページにより情報のご確認をお願いいたします。

ボランティアの当面の活動について(1月5日分再掲+補足)
2005.01.07
雪の中、川口町民は復興に向けた生活を行っています。
ボランティアの皆さんは「雪対策の活動があるだろう」と考えられてる方もいると思いますが、雪はある面危険でもあります。
ボランティア活動では、屋根の雪下ろしはご遠慮いただいております。
雪かきについても、住民の皆様が常日頃から行っており、ボランティアの皆さんには公の周辺程度のごく限られた範囲で行ってもらっています。
雪かきは、その雪の処理(どこに捨てるのか・・・etc)について、いろいろな問題が起こりうるため、この活動にも制限があります。

以上のような状況から、現在では県外ボランティアさんの受け入れを中断しています。
今後、住民の方々からのニーズ状況に応じて、受け入れについては再度検討いたします。

県外ボランティアの受け入れ等は、状況に応じて再開することもありますので、日々ホームページでご確認ください。

なお、川口町へ来られる前などに電話をいただければ状況をお伝えいたしますので、お気軽にご連絡ください。
===ここまで===
今後も川口町ボラセンのHP内の、「ボランティアへ参加される方へ」というページ(http://63factory.jp/~kawaguchi_vc/sb.cgi?cid=14)で随時変更があればお伝えしているようです。


No.115 - 2005/01/11(Tue) 16:35


☆ Re: ボランティアに行かれる方へ / えり 引用

川口町で活動する、「元気もりもり隊」の方々の声です。
あたしも一番最初、11月5日から数日間、川口町で子供のびのび隊(元気もりもり隊の以前の名称)で活動してきました。その後、元気もりもり隊という名前が決まったちょうどその日も、ここで活動していました。最初はこの名前に周りの人々も「えーー?ちょっと・・・」という感じでしたが、今ではすっかりなじんでいるようですね。最近は小千谷で活動しているので川口町にはあまり行っていませんが、またあの子供たちに会いたいな。

もりもり隊は子供たちやお年寄りと、遊びや会話を通して心のケアなどをしています。

以下、そのもりもり隊のブログから、転載です。

===ここから===
1月11日
川口町は今日も大雪です。この雪のせいか、今日のボランティア新規登録は0名でした。元気もりもり隊の活動人数も4名だけしかおらず、田麦山での活動は今日はお休みとなりました。また、和南津と泉水の2地区をタクさんとエースの2人の地点リーダーで巡回するという苦肉の策をとりました。泉水小学校の仮設住宅では、ドカ雪のため駐車場が埋もれてしまっているという状況を目の当たりにしながらも“ボランティアがいない為”何もできないという歯がゆい思いに地団駄を踏むエース。川口小中、157世帯の仮設住宅をまりっぺ1人がカバーしなければなりませんでした。元気もりもり隊スタッフ急募!!(電話連絡して下さい。090-9386-9934)
松橋コースケ
===ここまで===
詳しくは(http://blog.goo.ne.jp/wens0152)をごらん下さい。県外ボランティアの募集を中止している川口町ボランティアセンターですが、個々の活動には人手が必要なようです。

※1月13日より、県外ボランティアの受付を再会しました。以下、川口町ボラセンHPより転載です。
====転載======
<県外ボランティア募集の再開>

中断しておりました県外ボランティアの募集を1月13日より再開いたします。活動内容は雪かき等、雪に関するもの、元気もりもり隊による仮設住宅の訪問が中心となる予定です。

連日の大雪により、現在も仮設住宅や町内各所より、雪かきのニーズがあがってきております。震災の影響により、地域のコミュニティが機能していない部分があり、例年のように除雪が進んでいない状況です。様々な復興作業により、町内の除雪業者も圧迫されており、ボランティアの活動が必要になりました。

ボランティアによる雪かきに関しては、危険性の高い屋根に上がっての作業は一切行わず、地上において、下ろした雪を処理する作業が主になります。川口町に降る雪は重く、扱いが難しいと言われております。なるべく雪に慣れた方の参加をお待ちしております。

なお、複数日の参加をご予定の方は各自宿泊場所の手配をお願いいたします。

ご参加を予定の方は必ず、事前に詳細をご連絡下さい。ご連絡のない場合、当日参加をお断りする場合もございます。ご注意下さい。

====ここまで=====
[PR]

by 111 | 2005-01-07 18:00 | ※現地に向かう方はここ※

現地でのボランティア受け付けについて

-------掲示板より転載-------

各地でのボラセン閉鎖、縮小など現地での受け入れ先が減ってきていますが、川口町ボラセン、田麦山事務局、中越元気村以外にも小さな団体で地域密着型で活動している方々もいます。今回そのような方々ともお会いして、今後もつながっていきましょうということになりました。ボランティアの受け入れもしています。
主な活動は雪かきや地域の方と一緒に集会所でお話などです。
ボランティアと被災者、支援というよりは、人と人としての助け合いのような形です。

今、震度3弱の地震がありました。

今日は、掘るまいか、というビデオを見ました。現地情報のページでリンクかTBがあったとおもいますが、山古志の手掘りのトンネルの話です。
とてもきれいな村でした。村の方々の思いの詰まったトンネルでした。
あの村の方々なら、また力強く歩きだせるのではないかと思いました。。。。
[PR]

by 111 | 2005-01-06 07:34 | ※現地に向かう方はここ※

現地情報※12月28日報

一部掲示板より転載

ボランティア活動する時に必要になってくるもの
・受け入れ団体
・交通手段
・宿泊施設
・持ち物、食事、服装

まず
・受け入れ団体について
あかつきボランティアネットワーク(当団体)は、5日~10日頃でしたら、代表のえりが現地入りする予定です。まだどこで活動するかは未定ですが、車ありの方が同行できるのでしたらAVNとして独自にも動きますので、車ありの方、募集中です。現地合流、途中合流、どちらでも。よろしくお願いします。同行できる方がいたら、あかつき掲示板(またはメール)でお知らせください。

その場合、宿泊施設はAVNで確保している越路町の知人宅に相部屋になります(素泊まり1000円、男女別可)。
車なしの場合、または、AVN以外で活動する場合、いくつかの受け入れ団体が考えられます。
(以下の団体では、ボランティア活動保険に加入してからの活動になります。加入料はかかりません。AVNでは、現在以下の団体の中で活動するとき以外の、AVN独自の活動においては保険に加入していません。ご承知おきください※現在保険適用に向けて調整中)
今回
川口町復興ボランティアセンター
田麦山事務局(川口町ボラセン内)
中越元気村(民間団体)
小千谷市社会福祉協議会(ボランティアセンター)
長岡市ボランティアセンター
日本共産中越救済センター
などを回って来ましたが、川口町は29日から1月4日まで正月休み、小千谷市は現在休止中、長岡市も現在新体制への移行に伴い休止中、共産党の救済センターもボランティア受け入れを中止したそうです。

なので、県外ボランティアは現在は田麦山事務局に直接掛け合うか中越元気村へ行くかで、4日以降は、川口町のボランティアセンターも受け入れ再開します。長岡市の受け入れ再開がいつになるかはまだわかりませんが、おそらく、県内ボランティアだけになると思われます。また正確な情報が入り次第お伝えします。
川口町のボランティアセンターが休止中は、田麦山ボランティア事務局に電話(0258-89-3467)して、直接現地の方と連絡を取り合えば受け入れ可能ですが、本来(年末年始以外)は川口町のボランティアセンターを通すべきであることもご承知おきください。
どこの団体で活動するにしても、事前に電話で受け入れ状況を確認してください。AVNの場合はまず掲示板かメールでお願いします。

・川口町ボランティアセンター
ボランティア専用電話(電話受付時間 9:00~18:00)
080-5098-6186
090-9386-9930

・田麦山事務局
0258-89-3467

・中越元気村
090-6102-9308

・あかつきボランティアネットワーク
earth@akatsuki-vn.org

新潟県災害救援ボランティア本部による12月28日の情報では、越路町、小国町でも"ボランティア登録"を受け付けているとのことです。こちらは確認できていませんので、直接お問い合わせください。

越路町災害ボランティアセンター
三島郡越路町大字来迎寺3697 越路町総合福祉センター内
TEL:0258-92-4656
FAX:0258-92-2724

小国町災害ボランティアセンター刈羽郡小国町大字法坂793 小国町役場内
TEL:0258-95-4866
FAX:0258-95-5118


・交通手段について
1.誰かの車に相乗り、または自家用車
2.高速バス
3.新幹線
車で行かれる場合、地震による県内の通行止めの交通情報はこちらから確認できます。
■高速道路
 ●関越自動車道 全線開通(一部車線規制あり)
■主要国道
 ●17号線   全線開通(一部片側通行)
 ●117号線  全線開通
 ●252号線  全線開通
 ●352号線  全線開通
■新幹線
 ●全線開通(12月28日)
■在来線
 ●全線開通(12月27日)
■高速バス
 ●大阪~新潟
新潟交通HP
阪急バスHP

*鉄道は全線開通しました。本数は少なくなっているので注意が必要です。高速バスに関しては、他のバス会社もあると思います。また、高速バスのバス停から各ボラセン、ボランティア団体本部までの交通は、それぞれのHPをご覧下さい。川口町のボラセンは越後川口インターから徒歩40分、JR飯山線越後川口駅から徒歩20分(?)くらい、中越元気村は小千谷駅から徒歩10分程度で行けますが、高速バスのバス停である小千谷ICからは徒歩1時間です。田麦山は車がないと厳しいので、現地で活動している方にお願いするか、タクシーなどを手配するしかないと思います。田麦山事務局の方に確認してみてください。

・宿泊施設について
これまで、小千谷市にある中越元気村の隣りの大きなピンクドームを、小千谷市ボラセン、川口町ボラセンが宿泊施設として使用してきましたが、積雪および交通機関の全面開通に伴い、12月28日(火)をもって閉鎖しますので、今後はボランティアセンターが無償で提供できる宿泊施設は無くなりました。
ボランティアセンターで活動する場合は魚沼市観光協会の方で、
・一泊二食付き\5,000~
・一泊素泊まり\3,000
の宿を提供していただけるので、025-792-7300、または025-792-7535に電話で確認してみてください。
田麦山事務局、中越元気村では活動場所近くに独自に宿泊施設を用意しているので、そちらも空き状況など直接確認してください。
車を準備できてAVNとして活動するときは越路町(AVN知人宅)に素泊まり1000円です。

(続く)

以上は、全て12月28日の情報です。これからまた状況が変わってくるかもしれないので、注意が必要です。
こばやし(AVN東京)
[PR]

by 111 | 2004-12-30 10:30 | ※現地に向かう方はここ※

小千谷市のボランティア活動について

小千谷のボランティアセンター閉所 声合わせ「頑張れ」 ※asahi.comより
ここから-------------------------------------------------------------------
閉所式で抱き合って別れを惜しむボランティアたち=19日午後、新潟県小千谷市で

 新潟県中越地震の被災者を支援するため、全国からボランティアが訪れていた小千谷市災害ボランティアセンターが19日、閉所した。市内すべての仮設住宅で入居が始まり、「今後は雪国経験のない人を受け入れるのは難しい」と判断した。活動を終えたボランティアは「頑張れ、小千谷!」と声を合わせた。

 多い日で1000人以上、延べ2万3000人が訪れた。センターが発足した10月27日から活動した横浜市の会社員本間真明さん(33)は「最初はコミュニティーが強く、壁を感じた。とにかく元気になって欲しいと思って活動してきた」話していた。

 小千谷市の関広一市長は「ボランティアのおかげで大勢の市民が救われた」と振り返った。今後は市社会福祉協議会が市民を中心にボランティアを募る。
-----------------------------------------------------------------------ここまで
縮小したと言う事は、着実に復興しているということです。
ボラセンのあった倉庫は完全になくなりました。倉庫として利用していたダムズ(パチンコ屋)の駐車場も撤収しています。
今後のボランティア活動は、いままでのボラセンのすぐ脇の1F、社会福祉協議会の事務所内になります。規模が縮小しただけで、無くなった訳ではありません。今後は小千谷市民ボランティアさんを中心に活動していくようです。

宿泊は、中越元気村のピンクドームの隣に、同じ大きさのピンクドームがあります。この
ドームを、川口町のボラセンと共同で使うようです。入り口の利用規約によると、基本的に
車やバイクの駐車スペースはないので、総合体育館に駐車するように、とありました。
寝袋は必須です。テントは中にいくつか張ってありましたが、詳細は現地にご確認下さい。
風呂はありませんので、近隣の有料温泉を利用する形になります(300円~)
食事は全く問題ありません。道路も市街地はほぼ仮復旧しています。商店街も、被害の少ない店は営業し、ガソリンスタンドやコンビニも通常に営業しています。

仮設住宅の引越しも終了したので、ニーズは家屋の関係、雪かき等になるかと思われます。
山に畑がある住民の方は、野菜等がまだ収穫できないでいる方も沢山います。
こばやし(AVN東京)

最終日前日のボラセン
b0070755_9332711.jpg
   社会福祉協議会の入っているビル
b0070755_9364777.jpg

宿泊施設のピンクドーム
b0070755_9382334.jpg
[PR]

by 111 | 2004-12-22 09:40 | ※現地に向かう方はここ※

鉄道の運転再開について

上越線及び飯山線の運転再開について [PDF/9KB]※JR東日本ホームページ

12月27日、在来線が運転再開のようです。
新幹線は28日ですので、これで鉄道のすべてが開通する事になります。
[PR]

by 111 | 2004-12-17 08:15 | ※現地に向かう方はここ※

降雪情報

新潟県庁HPより、雪情報がスタートしました。
現地に行く方は参考にしてください。

 実施期間  平成16年12月1日(水) ~ 平成17年3月31日(木)
 主な情報内容
(1) 県内37地点の降雪量予測 ・ 気象情報(1日2回更新10:00、16:00)
(2) 気象庁発表の注意報 ・ 警報
(3) 各種情報サイトとのリンク(防災、道路、スキー・観光、雪に関する情報等)
(4) 県内37地点別の降積雪統計データ(過去10年分)



新潟県の雪情報


携帯電話はこちら
http://www.pref.niigata.jp/yuki/k/
QRコード(AVN作成)
b0070755_0242045.jpg

お問い合わせはこちらまで
<問い合わせ先> 総合政策部地域政策課雪対策室
           TEL:025-280-5096 (直通)
            FAX:025-280-5227
           Mail:chiiki@mail.pref.niigata.jp
[PR]

by 111 | 2004-12-13 00:28 | ※現地に向かう方はここ※

困ったときは

ついに雪が降ってきました。
車で現地に向かわれる方は多数いると思いますが、あちこちで云われているように、万全
の雪道対策が必要です。

道路は応急処置が急ピッチで行われており、通行止め箇所もかなり少なくなりましたが
応急補修箇所は、ガードレールが無かったり、急に砂利道になったりします。地元の
道に慣れている方なら問題ないと思いますが、雪で覆われた場合、最悪崖から転落なども
ありえます。十分に注意する事と、夜間の走行は極力控える事をお勧めします

万一、トラブルがあった場合、強力な助っ人がいます。

JAFロードサービス、原則無料
JAFホームページ

被災地で活動するボランティアにも適用されます。
困った時は、携帯電話より#8139をダイヤルしてください。確認もお忘れなく!


道路情報

冬のドライブインフォメーション
JH北陸支社

新潟県中越地震情報集約マップ
国土交通省
[PR]

by 111 | 2004-12-09 03:19 | ※現地に向かう方はここ※