あかつきボランティアネットワークblog


中越大震災の復興ボランティアの為に。それぞれがそれぞれの場所で、できる限りのことを、できる範囲で。そしてなにより求められていることを。
by 111
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2004年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


現地よりSOSです

うい和魂です。SOSです。
詳細はこちらをご覧下さい。
中越元気村で活動されている方からのSOSをトラックバックさせていただきます。
最近、メディアの報道もめっきり減ってきて、少しづつ社会から忘れさられつつあります。
しかし現地では、まだこれからが正念場です。冬がすぐそこまで来ている今、ボランティア
としてもひとつの山場を迎えています。
どの地域でも、人が足りません。川口町でも先日、ボランティアの数よりニーズが上回った
そうです。
是非、皆様の力を貸してください。中越元気村には、12月中旬に参加したいと思います。
[PR]

by 111 | 2004-11-30 20:56 | 冬季ボランティア計画(仮)

雪も秒読み段階です

現地ではゆきおろし、といって、一日中、どんよりと曇り、雷がゴロゴロとなっている日が
あるそうです。それが過ぎると本格的に雪が降るそうですが・・・
もう秒読み段階です。

塩沢から津南に向かう、十二峠より本日9時頃撮影
b0070755_205661.jpg
[PR]

by 111 | 2004-11-30 20:07 | 現地情報

名称変更の件

「新潟県中越大震災」の呼称について 新潟県庁

この決定により、当トップページの名称も「新潟県中越大震災ボランティアblog」
と改名します。今後の各方面の支援の為にも、是非この呼称を広めて行きたいと思います。
[PR]

by 111 | 2004-11-30 04:09 | お知らせ(イベント案内ほか)

ボランティアの活動について

震災支援の男性が重体 キノコ生産施設のほこりで肺炎に
asahi.comより

こんな記事がありました。
こういった事故は、風化させずに

○何故起きてしまったのか
○今後起こさないためにはどうしたらいいか

を十分に、行政、ボランティア団体、そして各個人の自己防衛と、考えて頂きたいと思います。
とにかく安全第一です。普段、建設業などの現場工事と呼ばれるものは、過剰なまでに安全対策が採られています。ただ、災害復旧、という事態では、万全な安全対策が取れるはずもありません。住民の方のニーズも、ボランティアセンターでも想定外のものがあります。
その中で、出来る限りの安全策を、行政、各ボランティアセンターの方に採ってもらい、その上で各ボランティアさんの自己防衛の意識を高めて頂き、今後の事故を絶対に起こさないように頑張っていきましょう!
ボランティアは、お仕事ではありません。ボランティアセンターに指示を受けても、実際に
現場に行って難しい、危険な作業でしたら、断っても一向に構いません。周りのメンバー
さんに相談して下さい。みんながやる、といっても、自分だけ帰って来て下さい。その時は、必ずボランティアセンターに現状を報告して下さい。
各個人、技量も体力も違うのですから、恥じる事はありません。やめる勇気を持って下さい。


僕がボランティアに行った時は、「少しでもみんなのチカラになれたら」と、気持ちばかりが
先に行ってしまい、自分の体は差し置いて行動していた為、帰ってきて倒れました(恥)
一緒に行ったメンバーの方も現地で倒れました。
反省しています。みんな、ごめんなさいっ・・・・
[PR]

by 111 | 2004-11-28 03:28 | 冬季ボランティア計画(仮)

雪降ろし

積雪被害も「地震扱い」 新潟県、長期避難地に適用へ
asahi.com のリンク

冬季の積雪被害も、罹災(りさい)証明が発行されるそですが、これは現在非難指示、勧告が出ている地域のみの措置であって、その他の地域では適用されません。
それでは、半壊などで老人のみの世帯は?自主的に避難している方は?今までどおり、近所の方や有志の方がやってくれるのでしょうか?
雪降ろし、雪かき、ボランティアさんの力がきっと必要になると思います。

ただ、ボランティアセンターの冬季の方針はまだ決まっていないようです・・・
[PR]

by 111 | 2004-11-27 16:49 | 冬季ボランティア計画(仮)

現地の食事等の件※12月30日修正

現地での食事等が気になっている方もいると思います。
あくまで僕個人の意見ですが、出発時は、当日、の昼食、夕食を持っていけば、あとは大丈夫です。
※震災直後に比べて、多数のお店が営業しています。
復興の足がかりとして、是非地元商店の利用をお願いします。

川口町

活動時、本部に戻れる方は、昼食は、ボラセンテントにて炊き出しを行っています。
ボランティアさんも自由に食べれます。水等もあります。終了しました。
買い物等は、ボラセンを出て、魚野川の橋を渡り、すぐの交差点(国道17号)を右に曲がり
200m位行くとコンビニがあります。(24時間営業ではありません)
地元商店も少しずつ営業を始めているようです。コンビニがメインになると思います。

小千谷市
本部付近にて、炊き出しやっています(いつもではない)
小千谷は、お店が沢山営業しています。まったく問題はありません。
買い物はボラセン本部のホント目の前、徒歩30秒の所に、スーパーと酒屋があります。
近所にはコンビニ、飲食店も営業しています。食事に関しては、手ぶらで行っても
問題ありません。

ちょっと遠いですが、ダムズ(パチンコ屋)の表通りを川口町方面に歩いていけば、ホームセンターもあります。
反対側に歩くと、100円ショップやジャスコなんかもあります。小千谷、なんでもあります。

車があれば全く問題ありません。名物のへぎそば(ふのり、という海藻をつなぎに使ったそば)も食べる事が出来ます。
b0070755_2213628.jpg


※注意※
あまり盛大にお酒を買い込むのは控えましょう。
少々寝酒に、なら問題ないと思いますが旅行に行っている訳ではありませんし
お客さんでもありません。以前、ボラセン本部脇のビルの3Fがボランティアさんに開放
されていましたが、夜間に酔っ払って騒ぐ等の問題により、閉鎖になりました。

テントサイトに地元の方から差し入れを頂きました。
大きなしめじ!
b0070755_11194215.jpg

[PR]

by 111 | 2004-11-25 22:35 | ※現地に向かう方はここ※

雪道の移動は大変!!

ボランティアの方々が、冬の厳寒期まで活動しに来てくれる事は、地元の方にとっても
大変うれしいと思いますが、一方、不慣れな雪道の運転による事故等が懸念されています。
スキーに行くのと、生活道路で活動するのとはまた違った点もあるかと思います。

慣れない方は公共交通機関での移動がいいと思いますが、諸事情や気合で車で来る方の為に、雪道の情報、をUPしていこうと思います。
[PR]

by 111 | 2004-11-25 19:28 | 冬季ボランティア計画(仮)

冬季の活動について

まもなく、中越にも雪が降ります。ゆきおろし、といって、一日中ゴロゴロと雷が鳴り、そして雪が降ります。
冬季のボランティアのニーズも確実にあり、現地に行ってお手伝いしたい!と思う方は沢山いると思います。
僕もその1人です。現在、ボラセンの方向性も定かでないので、その状況を確認しながら、冬季ボランティアに向けて準備中です!

ここで積雪時期、降雪量が予想されています。
財)新潟県建設技術センター
カマキリ博士の積雪予報pdfファイル

川口町近郊より11月16日に撮影しましたb0070755_12441913.jpgb0070755_12442742.jpg
[PR]

by 111 | 2004-11-25 12:24 | 冬季ボランティア計画(仮)

ボランティアの宿泊について

冬が近づく中、テントではさすがにキビシイ!そこで現状、ボランティアの宿泊についての情報です。
テントサイトは、11/22の時点で、まだ沢山の住人がいます。ただこれからは、雪山キャンプ
並の装備が必要かと思います。
1人で行くには装備の量からして困難かと思うので、知ってる限りの情報をご案内します。
補完等宜しくお願いします。

川口町
テントサイトはまだ沢山の勇士の方がいます。
テントサイトの場所は、ボラセンから17号に向かう橋の手前の河川敷と、本部裏のテントです。テントはボラセンが張っている物もあり、申し込めば相部屋で使わせて貰えます。

※テントの利用が禁止になったようです
先週、一部地域を除いて、非難勧告が解除になりました。その為、避難所に空きが出て、そこにボランティアが泊まることが出来ます。現在確認が出来ているのが、ボラセンの裏手にある川口町小学校の体育館です。その他詳細は、川口災害ボランティアホームページに記載されています。実際に宿泊した方の話を聞くと、かなり寒い!との事です。寝袋は4シーズン用で-12度位まで耐えられる物がいいと思います。


小千谷市
こちらのテントサイトは縮小され、今は本部から徒歩3分のダムズというパチンコ屋の駐車場です。ここは活動時の道具等の貸し出し所、物資倉庫も兼ねています。
この駐車場は立体になっているため、雨をしのげます。下はアスファルトのため、ペグは打てないので周辺で重石などを確保する必要があります。住居のガレキは勝手に持ってきてはいけません。当然ですが・・・<
冬に入り、テント泊は厳しい状況です。雪山登山のベースキャンプ並の装備が必要かと思われます。

テント以外の宿泊ですが、避難所等が縮小してきており、被災者の方が使っていたテントがボランティア用に開放されているようです。実物を見たことはありませんが、ジェットヒーター付きとのことです。要予約なので、小千谷市災害ボランティアセンターに問い合わせてみてください。
中越元気村では、ピンクドームといわれる大きなドームの中に更にテントが張ってあり、そこに宿泊できます。参加時には寝袋があれば大丈夫のようですが、詳細は確認して下さい。


   近隣の宿泊は、どちらも民宿などになると思います。   
   塩沢町商工会(025-782-1206)
   {要・車/12部屋に50人宿泊3食付き1000円~}
   災害救援民間ボランティア受入れ特別料金
   ※申し込みは各ボラセンより行うようです。活動証明書要。12月10日まで
   
   魚沼市観光協会(025-792-7300)
   {送迎応相談/素泊まり3000円~・2食付き5000円~}
   ※出自 川口町災害ボランティアホームページ

六日町他にユースホテルがあります。
日本ユースホテル協会

移動時間
塩沢~川口町

高速    約30分(小出辺りより車線規制)
一般道   約1時間20分

塩沢~小千谷

高速    約40分(小出辺りより車線規制)
一般道   約1時間40分

魚沼はもっと近いです。

※交通事情が悪いです。
高速は復旧工事の関係で、よく渋滞します。
17号だと、小出市街地、和奈津トンネルで渋滞します。和奈津は交互通行の為、朝は15分~20分位は待ちます。
塩沢からなら、大沢山~R117十日町~のルートが早いです。




川口町ボランティア本部近く、魚野川河川敷のキャンプサイト(11月初旬撮影)
b0070755_11161349.jpg
[PR]

by 111 | 2004-11-24 12:45 | ※現地に向かう方はここ※

旅館、民宿案内

自分で適当に集めてみました。宿泊料等は最新の情報を
必ず宿の方にご確認下さい。

塩沢町
上野鉱泉 湯元 古湯  南魚沼郡塩沢町上野650   0257-83-2112
 素泊まり3100円、1泊2食5000~
旅館飯士 塩沢町大字石打173-2  025-783-2909
 1泊2食5500円~ 素泊まりはお問い合わせ下さい。
旅館丸永 塩沢町大字石打54-3   025-783-2615
素泊まり3000円、1泊2食5800~
ロッヂ カナダ 塩沢町石打   025-783-4040
 素泊まり2800円、1泊2食4500~
ロッヂななかまど 塩沢町石打2037-1  0257-83-4678
 素泊まり3000円(土曜不可) 、1泊2食4500~

 


魚沼市
龍氣旅館  新潟県南魚沼市上ノ原2310   025-770-2525
 素泊まり3500円(2泊以上)1泊2食5000~


1棟貸しの民家などもあります。
貸民家みらい   東頸城郡松代町大字松代5316-3  025-597-2561(ワカイ測量)
100年以上前の民家もあるそうです!しかも全国第1号の『どぶろく特区』酒造免許を取得されています。
オーナーのワカイさんはとても優しい方です。
 素泊まり3800円~

順次アップしていきます!
 
[PR]

by 111 | 2004-11-21 17:53 | ※現地に向かう方はここ※