あかつきボランティアネットワークblog


中越大震災の復興ボランティアの為に。それぞれがそれぞれの場所で、できる限りのことを、できる範囲で。そしてなにより求められていることを。
by 111
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
天井水漏れも更に悪化
from 地震と坐骨神経痛の日々
ブレーカーが
from 地震と坐骨神経痛の日々
イベントを開催します。
from 新潟県中越大震災 子ども・子..
AVNと平沢仮設へ行く
from 地震と坐骨神経痛の日々
小千谷に行って見たこと、..
from オアシス モモ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2004年 12月 ( 40 )   > この月の画像一覧


災害派遣等従事車両証明書について


日本道路公団 HPより

--------------------------------------------------------------------------------
新潟県中越地震の被災住民に救援物資を運搬する車両に対して
有料道路の無料措置を継続

--------------------------------------------------------------------------------


 平成16年10月23日に発生した新潟県中越地震の被災住民に救援物資を運搬する車両に対し、道路整備特別措置法の規定により当公団の管理する有料道路の通行料金を免除しておりますが、今般、新潟県中越地震災害対策本部の要請により当該措置を引き続き12月31日まで行うこととなりました。
 なお、この措置により通行料が免除となる車両は、新潟県中越地震災害対策本部の要請を受けて各都道府県等が発行する災害派遣等従事車両証明書(証明書)を所持している車両に限ります(ただし、緊急の要請等の事情により証明書を所持できなかった車両についても、所定事項を確認の上、無料措置の取扱いをいたします)。救援物資を運搬する方におかれましてはお手数ではございますが、出口料金所において証明書の提出をお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------------

災害派遣等従事車両証明書は、今月も継続して発行される事になりました。
上記にあるとおり、「救援物資を運搬する車両」とあります。個人のボランティアの方は
基本的に発行されないようですが、ラインがあいまいな点があるので、発行される、という
前提でお話させていただきます。  ※問題があった場合はすぐに削除します。

まず、ボランティアに参加する場合、地元の行政に相談することをお勧めします。
すると

「当方では発行していない」
と言われる事があります。新潟県中越地震に伴う高速道路の状況についてにもある通り
最寄の自治体にお問い合わせ下さいとありますので、発行されない理由を伺ってみて下さい

「個人には発行していない」
ボランティア団体に加入していれば発行されるようです。この辺が行政により、かなり曖昧
な所です。

「活動を証明するものはありますか?」
個人で証明すものといえば、ボランティアセンターで発行される「活動証明書」ですが、初めて参加される方は持っているはずがありません。事後の確認でもいいか聞いてみてください

全く問題なく、スムースに発行されるケースもあります。


さて、地元行政で発行されなかった場合、往路は自己負担になります。そして復路は、現地
の行政にて発行してもらって下さい。現地ではボランティアにも発行されます。

流れとしては、ボランティアセンターで活動証明書をもらう。
役場に行き、証明書、車のナンバー、経路を記入し、発行してもらう。
以上です。

※注意点
ほぼ常識的に「なりましたが、日々状況が変わりますので、必ず各自治体に確認して下さい
以前は見せるだけで料金所を通過できましたが、現在は原本を提出しないと通過できません
よって、途中で降りる場合、

そのインターまでで1枚申請
そのインターから目的地まで1枚申請

の2枚が必要になります。インターでおおハマリして、後続車に迷惑かけないように!
[PR]

by 111 | 2004-12-06 12:57 | ※現地に向かう方はここ※

義援物資募集です

とりあえず、仮設住宅の方で、突っ張り棒が急ぎで必要です。
Size、中古は問いませんので、提供して下さる方は、直接管理人まで連絡をお願いします。

東京都内でしたら、取りに行きます。

AVN小林
naoki_avn@akatuki-vn.org
[PR]

by 111 | 2004-12-04 15:36 | 現地情報

被災地の子供にクリスマスプレゼントを

新潟中越地震支援「サンタクロース・プロジェクト」

被災地の子供にクリスマスプレゼントを贈る、という素晴らしい企画です。
現在、被災地の子供のたちは、身の回りのことで精一杯な親の背中を見ながら
寂しさを感じている子が沢山います。そんな子供達にプレゼントを渡して、一緒に遊ぶ、というのは、ボランティアの活動が災害復旧から生活支援にシフトしてきている今、中越の復興
への大切な一歩になるはずです。

皆様からの募金をお願いします!詳細は上記のリンクをご覧下さい。

実行日が12月19日に決まりました!
ただプレゼントを渡すだけでなく、クリスマスパーティー形式のイベントにするそうです。

具体的には
・自由に絵を書いてもらい,アイロンプリントでTシャツにして
 プレゼントする.
・パソコンを使ってクリスマスカードを作り,交換会をする
 (ステッカーとか名刺なんかも作れますよね)

さらに他のイベントで子供向けのイベントで使っているアトラク
ションのようなものや,学園祭で使ったゲームなどもあるようで
すので,この辺をいろいろと持っていって,一日だけのミニミニ
遊園地みたいなことをやります。
この場合,カンパいただいたお金は,材料費やゲームの景品など
に使わせていただくことになるかと思います.
[PR]

by 111 | 2004-12-04 11:29 | お知らせ(イベント案内ほか)

魚沼市災害ボランティアセンター発足

魚沼市災害ボランティアセンター発足 ボランティア募集
 

合併で誕生した魚沼市に災害ボランティアセンターが発足、震災復興に活動するボランティアの募集を始めた。
 これまで同市は、被害の大きい旧堀之内町の災害ボランティアセンターに、小出青年会議所が中心となって協力。新道島や竜光地区を中心に倒壊住宅の片づけなどの支援を行ってきた。
 旧センター、青年会議所、NPO魚沼交流ネットワーク、市職員らが会合を開き、活動を新設の魚沼市災害ボランティアセンターに引き継ぎ、事務所は同市(小出)小出島の小出ボランティアセンター内に置くことを決めた。
 活動は家の片づけや危険を伴わない軽作業などで、ボランティアしたい人、してほしい人の登録を受け付けている。当面は五、十一、十二日に支援を行う新道島地区に参加できるボランティアを急募している。
(出自 新潟日報)

活動日が決まっていることに注意してください。まだ体制が整っていないようですので、近隣のボランティアセンターで活動経験がある方のほうがいいと思います。
[PR]

by 111 | 2004-12-04 08:21 | 現地情報

仮設住宅の問題点など

b0070755_5561324.jpg
各市町村にて、仮設住宅への入居が始まりましたが、住宅にたいして多少の不満も聞こえます。


○収納が少ない
既設の棚などは、その取付け位置が高く、高齢者には非常に使いづらい物になっています。
キッキンなどにもほとんど収納はないそうです。仮に改修するにしても、壁に釘打ち等は禁止だそうです(詳細確認中)

○床がカーペット
パンチカーペットのような物です。長い間、畳に慣れ親しんだ方には苦痛のようです。
せめてユニット畳(薄い正方形の敷く畳)でもあれば・・

○敷居が高い
基礎の関係もあると思いますが、これもお年よりには辛いものです。スロープでも作れれば・・

○寒い
単純に寒い!そうです。家の構造上、これも仕方ない事です。断熱材を追加して・・となると、ボランティアの範疇を超えてしまうのでしょうか?


ここに挙げたのはごく一部です。
今後の義援物資として、生活に関わる物が増えてくると思います。家のメンテナンスが出来る大工さん、内装やさんなどの協力が必要になってくると思います。
物資に関しては、みなさんの家にある不要品などの中で思わぬ物が必要になったりします。

是非、暖かい御支援をお願いしますm(__)m
[PR]

by 111 | 2004-12-04 05:56 | 冬季ボランティア計画(仮)

現地レポート(無料フリーマーケットについて)

b0070755_5101773.jpg
えりさんの簡易レポートです。詳細は帰還後に。

----------
小千谷は今日から仮設への鍵の受け渡しが始まりました。
避難所の体育館から荷物を運び出したり、部屋に運びこんだり整理したり、本当に、おばあちゃん1人では大変・・

12月11日から(土日)に、無料フリーマーケットをやります。
それに出す品物を大募集。
搬入は4日から10日まで。家電製品などなど。
ボランティアも大募集!

避難勧告中・全壊等の被害が甚大な方対象

無料フリーマーケット楽市楽座
日時12月11日12日、10時から午後4時。
無くなり次第終了。

場所はまごころ市(魚沼水産)小千谷市朝日町乙10-41
家電製品、台所用品、生活用品、食料品
主催、連絡先
結の村おぢや代表笹岡09093869813

[PR]

by 111 | 2004-12-04 05:10 | レポート

仮設住宅へ

引越しのお手伝いをしてきました!

今日から始まった仮設住宅への入居。

鍵の受け渡しから、荷物の搬入、片付け、シャワーの使い方、空調の使い方の説明まで、とりあえず一日かけて一人暮らしのおかあさんと一緒にやってきました!

まず、自分の部屋を探すのに一苦労。ひろーい敷地に同じような建物がいっぱい建っていて(約200世帯)、どこがどこだかわからない。駐車場も、同じくである。

おかあさんの部屋はひとつだけある集会所からだいぶ離れた場所にあって、入るとまず、おかあさんは畳がないことを嘆いていました。部屋は小さくても仕方ない、ただ、畳は絶対に必要だ、畳がないとだめだ、と、いうわけで。元気村にあった畳が大活躍!なんとか畳を搬入し終わった部屋で、「あーいいあんばいだ」と、ばたばたしていた気持ちも少し落ち着いたようでした。(写真)
b0070755_18542876.jpg

ただ、4畳半の部屋の中には、棚は二つだけ。

ひとつはおかあさんには手が届かない高い場所にあって、役には立ちそうにないし、シンクの周りには調味料を置けるような場所もほとんどない。空調やお風呂のシャワー切り替えなどに関しても、何の説明書きもなかったので、明日はわかりやすい説明書きを書いて、張りにいってこようかな。

あとは、突っ張り棒が何本かと木の板でもあれば使い勝手のいい棚を作ることも可能だと思うので、これから2年間住む場所、少しでも快適に過ごしていただきたいと思う。

(AVN)横浜 えり)
[PR]

by 111 | 2004-12-03 23:47 | レポート

現地レポート

b0070755_16202864.jpg
現在、小千谷の中越元気村に行っているえりさんの簡易レポートです。詳細は帰還後に。

----------
体育館くらいの大きなドーム。
テントが20はりくらい。ボランティアのテントも、本部も全部ここです。
被災者の方は3家族。他は近くの高校の体育館に避難されてます。
リーダーはどこも忙しそうです。
地元の方々との関係はかなり良い感じ。ニーズ吸い上げも、たぶんうまく行っていると思います。
[PR]

by 111 | 2004-12-03 16:20 | レポート

新潟県中越地震被災者支援 報告&演奏会

b0070755_210711.jpg
このHPの母体である暁ボランティアネットからの転載です。
現地から戻り、被災地の様子、自分の感じたことなどを知ってもらったり、現地に行きたいが様々な理由により参加できない方など、是非行ってみたらいかがでしょうか?

-------------------------------------------------------------------------
私のNPOの仲間:千代崎が次のような企画をしています。

現地に行った方からのお話しをして欲しいと思っています。広めながらご参加下さい。連絡をお待ちしています。

新潟県中越地震被災者支援 報告&演奏会
広げよう支援の輪  「つながって生きてこな」愛とヒューマンのコンサート

 10月23日に新潟県中越地震が起きて、1か月が過ぎ、寒さと雪が心配される中、さまざまな支援が求められています。日ごろネットワーク活動を共に行なっている今野強さんの呼びかけで、チェリストの江原望さん(日本フィル)とジャズピアニストの長坂将志さんが、11月22日~28日まで、「愛とヒューマンのコンサート」を被災地の避難所や高齢者施設、20カ所以上で開催し帰ってきました。3人の報告と演奏を中心に、ボランティアとして駆けつけたみなさんからも報告をしていただき、思いを共有して支援の輪を一層広げたいと思います。
 現地の様子の報告と現地で実際行っていたコンサートを再現します。思いを共有し、さらなる支援を強めましょう。

 日時  12月6日(月)18時30分~21時
 会場  あーちぷらざホール (板橋区双葉町36-6)
      東武東上線「中板橋駅」徒歩7分
      都営三田線「板橋本町」徒歩12分
参加費 1000円
 連絡先 住まいと環境改善ネットワーク 千代崎一夫
     (行ってみる!という人はかがみりょうにメールください)
sozo-net@earth.email.ne.jp

--------------------------------------------------------------------------
今回↑の情報を発信された方は、NPO自然と遊びの会の理事長であるかがみ氏です。
AVN(暁ボランティアネットワーク)の第1回中越ボランティアで知り合いました。
本当に心の暖かい人です。現在、千葉県我孫子市のcitiaにて、子供たちのプレーパーク
作りを行ったりしています。写真はかがみ氏製作のツリーハウスです。

このHPの管理人(AVNこばやし)も参加します。是非声を掛けて下さい!
[PR]

by 111 | 2004-12-02 21:20 | お知らせ(イベント案内ほか)

のびのび隊の活動

レポートは順次アップしていきます。
AVN第1回ボランテイアに同行したあかつきボラネット代表のえりが、現地レポをしています。
彼女は川口町で子供の支援をする「のびのび隊」に参加していました。

中越大震災レポートえりの日記

現地で一緒に活動した、自然活動、NGO活動等をしている飯島氏のHPにも、詳細なレポートが載っています。
pamoja 地球を球くするつながり
[PR]

by 111 | 2004-12-01 21:24 | レポート